ライダースジャケットの魅力

最近、ライダースジャケットにハマっています。

それまでは、ライダースジャケットというと、パンクでロックで、ちょっとヤンチャなイメージがありましたが、今じゃあ定番アイテムになってますよね。

事実、取り扱うブランドも増えてきています。

ファストファッションブランドをはじめとしたプチプラブランドでも取り扱われるようになり、手軽に取り入れられるようになりました。

とはいえ、あまりに安いライダースジャケットは、素材が本革ではないので、使い捨てと割り切って使わなければなりません。

いわゆる合皮が使われているので、いずれは破れや剥がれなどの損傷が発生してしまうんですよね。

まあ、ワンシーズン着られればそれでいい、という人にはいいと思いますが、末永く愛用したいという人には向きませんね。

そういう人は、やはり、本革を使った、それなりに値の張るライダースを購入する必要があります。

本革の場合、経年変化によって、長く着れば着るほどに魅力が増していきます。

また、その人の体型に合ったシルエットになっていくので、着やすさもアップしていきます。

まさに世界に一つだけのライダースであり、そういった変化を楽しむのはライダースジャケットの一番の醍醐味だといえるでしょう。

ちなみに私は、去年の冬に、人生で初めてライダースジャケットを購入しました

定価は5万円ほどで、ライダースの中ではむしろ安い部類に入るんじゃないかな。

細身のシルエットがめちゃくちゃカッコよくて、長めのロンTと、黒スキニー、黒のブーツを合わせると、めちゃくちゃ洗練された雰囲気に仕上がります。

一昔前なら、ここまでキメキメのコーデをするのは、ちょっとハードルが高かったですが、前述したように、ライダースジャケットはもはや定番アイテムとなっています。

普段着として着ても、まったく違和感ありませんし、事実、私は毎日のようにライダースを着て、出かけています。

さすがに夏場は着れないので、今のうちに思う存分楽しみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です