クローゼットがパンクしないために涙を飲んでやりたいこと

買い物とは、誰でも最高に楽しいものです。
新しい洋服やバッグを買った時の喜びは、もう早く着て出かけたい持ち歩きたいとワクワクしてしまいますよね。

でもこれ、1つ購入すればその分家の荷物が増えるってことでもあります。

荷物が増える、つまりクローゼットや押入れにその分、スペースが無くなるってことですね。これ、下手をするとゴミ屋敷への一歩、になる可能性もあるんです。

引っ越したばかりの家って、特に新しく一人暮らしをしようとした時、何となくガランとした雰囲気がありますね。

収納場所もまだまだ余裕があって、なのでつい買い物をどんどんしてしまったりします。

そして数年経てば、あれだけガランとしていたクローゼットも満杯、部屋の中も荷物が散らばったり鴨居に洋服がぶら下がったりしてしまうんです。

こうなると段々と、手がつけられなくなってしまいます。

こうならないために、クローゼットの中身が80%になったあたりで、気をつけておくのがおすすめですね。

必要のないものは買わないというのもそうですし、後は1つ買ったら1つ捨てるもしくは売るということです。

例えば、新しいコートを買ったら、古いコートのうちの1つを捨てるか売るか、誰かにあげてしまうんです。

勿論もう着古して、新しいコートを買うしか無いって時は、これ簡単にできますね。でもそうではなくてと言うときは、誰でもちょっと悩みます。

ある程度着たものとか使ったものって、何かしらの思い出ができてますし愛着も湧いてます。

でもそこで、心を鬼にしない限り家の中はごちゃごちゃになってしまう可能性、避けられないのです。

3年使わないものは捨てるというのはよく言われますが、1つ何か買ったら同じカテゴリのものを1つ捨てる、これも大事な片付け方法ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です