アナバスという種類の熱帯魚

私は哺乳類のペットを飼いたいのですが、猫アレルギーや同居人があまりペット好きではないという理由で、犬や猫のペットは飼っていませんし、飼うことができないのです。

テレビなどでペットを見ると可愛らしい姿で、愛くるしい姿を間近で見たくなり、自分も買いたいなと思う時もあるのですが、その都度、断念してきました。

しかし、熱帯魚はおすすめです

スペースも取らず、すぐ飼えるので昔からペットとして熱帯魚を飼っています。

私が今飼ってるのは、ゴールデンハニードワーフグラミーと呼ばれるアナバスという種類の魚で普通の魚がエラ呼吸をして空気を体内に取り込み、その中の酸素で生命活動をしているのですが、アナバス類は水面から空気を取り込むことができるのです。

ブクブクと呼ばれる、水中に空気を送るような装置があると思うのですが、そのエアーサーキュレーションを使う必要がないのです。

もちろんはあることに越したことはないのですが、なくても水面に口を出し外の外気を取り込むのです。

そういったアナバス類は、ホバリングと呼ばれる水中での動きができます。ピタッと動きをストップさせることができるので、常に独特の泳ぎ方をして楽しいです。

ちょうどヘリコプターがホバリングする時のように水中で静止することができるので、他の魚が泳ぎ回る姿を見せるのではなく、体をくねらせ小回りが利くその姿は愛くるしいです。

また、ゴールデンハニードワーフグラミーという名前からもわかるとおり黄色がベースとなっており、非常に鮮やかな姿を見せてくれます。

水槽には水草を植えていて、その水槽の水草の緑と流木の茶色と色味がよく、コントラストが映えるので魚の色が際立ちます。

ハニードワーフグラミーと同様にピグミーグラミーという種類も水槽にいます。

こちらは少し気性が荒く大変なのですが、同じような動きをするのが特徴であります。
色は淡い青色で太陽光に反射すると綺麗な色を見せてくれます。

少し広めの水槽であれば、このような種類を同時に泳がす、混泳も可能ですので、少し大きめの水槽で飼っています。

見ているだけでいい。
目の保養になり、癒されるので私はこの熱帯魚を飼う生活を送っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です